<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新年ブログ句会のまとめ | main | 雪の俳句・アンソロジー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ブログ記事の引用




 写真は前回に引き続き、香田裕誌氏の作品で、今回は「谷川岳天神平の秋景」です。













<ブログの記事の引用>

 今回、次のようなコメントをいただきました。

 「初めまして。鳴子屋と申します。
私が所属する句会で、現在・季重なり・の議題が出ていまして此方で勉強させていただきました。
つきましては狛犬様の論究の部分には特に感銘を受け、ぜひ句会の方々に紹介したいのですが、よろしいでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。」


 早速、狛犬さんにメールして、意向を伺いました。「OK」という御返事でした。
鳴子屋さん、どうぞ、お使いください。その際、このブログの名前と狛犬さんの名前を添えることをお願いします。

 ◎一般に、このブログの泰二の記事・作品・写真を引用することは、自由です。(その際はこのブログの名前を添えてください。)
 ただし、泰二以外の方の発言・作品の引用は許可が必要です。泰二のアドレスをご存知の方はメールで、そうでない方は、鳴子屋さんのように、「comments」を通してご連絡ください。
 
taiji-m * - * 21:22 * comments(1) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:22 * - * -

コメント

泰二様、狛犬様
早速のお取り計らい、ありがとうございましたm(u_u)m。句会の方もきっと喜んで下さると思います。

心より、お礼申し上げます。
鳴子屋
Comment by 鳴子屋 @ 2008/02/02 1:44 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ