<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新年ブログ句会・出題 | main | 新年ブログ句会・選句と評 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

新年ブログ句会・出句表

写真は雀蛾の中の「コスズメガ」です。ジェット機のような精悍な姿です。

<ブログ俳句会の出句集です。>

下の作品の中から良いと思う作品を4句選んで、その番号をメールか、この記事の下のcommentsから送信してください。
(出来たら、その句ごとに感想・批評を30字以内で添えてください。)
[cmmentsから送信の際は必ずメールアドレスを添えてください。アドレスの無い選句は受け付けません。]
○ただし、選句は出句した人に限ります。
 ☆選句期限 1月9日(水)。
 ◎全ての選句をまとめ、このブログに高点順に並べて発表します。作者名(ブログ上の仮名)も添えます。感想・批評も評者名(同前)を添えて全て発表します。

<出句集>
1新春の日差し写真の母にまで
2亡き母の短冊飾り年新た
3灯台の灯と入れ替わる初明り
4帰国子や屠蘇の代わりに赤ワイン
5島豚の耳の千切り初包丁
6数の子の塩梅みる子や二口目
7三寸の門松置きし化粧台
8墨壷に若水注ぐ宮大工
9つくばひの水を飲み来る初雀
10ひととせをまるまる賜ふ初暦
11初夢を見てをり猫は爪立てり
12繰り返す我が家の味やお正月
13初夢もすぐ忘れたり年男
14かもめとぶ小高き波の元朝に
15仲見世をカメラ片手の二日かな
16灯に浮かぶ東京タワー去年今年
17パドックに和服姿や松の内
18お降りや納まりきらぬおもちや箱
19元日や線路の響き澄み渡り
20初日の出あびて数多の避雷針
21樺太の雪野に眠る手毬唄
22元日をテレビを消して過しけり
23デパートに春着のひとの見当たらず
24童謡を口ずさみゐる初湯かな
25年明けて変わりばえせぬ時が過ぎ
26悩み事解決の兆しあり初手水
27縁側で寝そべる猫の初化粧
28初雀一枝の雪を落としけり
29修正会少年の声澄みにけり
30子ら往(い)にて炉火ほそぼそと四日かな
31見渡せる通勤電車初仕事
32爆竹と港の汽笛年来たる
33一言を繰り返し読む賀状かな
34お年玉靴音待ってる窓灯り
35お年始にピアスの揺らぎアンブレラ
36マスカラの見つめる先や初日の出
37木に竹をネット句会の三が日
38鏡餅一人捻るは地句の山
39墨痕に見る一幅の年賀状
40年重ね箸も漆の松の内
41紅潮の童も集うお節かな
42偲ぶ顔読経に庭の初雀
43お書初め袖も重たげはにかみ屋
44お雑煮や今年は万事穏やかに
45お屠蘇召し華やぐ人の草履かな
46門毎に注連の飾りのありにけり
47ひんがしの長押や破魔矢掛けてある
48若水の雫ひと時寛ぎぬ
  (以上です。)
taiji-m * - * 11:04 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:04 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ