<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブログ投句への感想交流 | main | 第五回ブログ句会・出題 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ブログ句会の予告。

黄蝶

写真は「キチョウ・黄蝶」。10月12日、庭に来ました。春からいる蝶のような気がしますが、私が写真に撮ることが多いのは今頃です。


※今回は大分さぼってしまいました。私の結社「ぬかご」のメール句会で参加者が増え、その対応に大分時間を取られていました。このブログの一と月ぶりの記事です。
◎<「ぬかご」メール句会>
 結社「ぬかご」の第十回のメール句会をしました。参加者17名。題は「花野」「赤い羽根」「芒原」。出題から中一日置いて締切。出句67句。
 その中の高点句をご披露します。

<高点句>
五点句
 着陸の気球たたんでゐる花野(G)
 離陸機の影を大きく芒原(Q)
四点句
 夕映えの濃きひとときの芒山(A)
 噴煙の山を遠くに花野かな(M)
 灯台に細き道ありすすき原(N)
三点句
 赤い羽根つけ息災と思ひけり(C)
 少女らの透きとほる声赤い羽根(I)
 道問へば越後訛りや芒原(L)
 針箱に母は小銭を赤い羽根(O)
 入日落つ阿蘇一山の芒原(O)
 ゆつくりと雲離れゆく花野かな(P)

( )内は作者を表す記号です。毎回変わります。


◎「花野」「芒原」とも、だだっ広い場所で、そのままでは、まとまりが付き難いので、焦点を添える方法がかなり見られました。その一つは「風」、もう一つは「山」。
 これから、このような題を詠む時、この二つは避けた方が無難なようです。


 ◎<第五回ブログ句会の予告>
11月1日、恒例のブログ句会の出題をします。少々捻った題ですので、お楽しみに。
taiji-m * ブログ句会 * 20:25 * comments(1) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:25 * - * -

コメント

灯台に細き道ありすすき原(N)〜「に」を「へ」にするとより良くなるように思いますが。
〜灯台へ細き道あり芒原〜生意気なこと言ってすみません。

突然で失礼いたします。
当店は「短歌俳句川柳堂」と申します。
全国で唯一の短歌俳句川柳関係の専門古書店でございます。
古書はそれぞれ、ジャンル別、内容別、人物別と検索しやすく分類してあります。
書籍ごとの内容も簡単に付して、わかりやすくしてありますので、ぜひアクセスしてみて下さいませ。
また、歌集、句集、詩集、自分史、遺稿集等の本作り、自費出版のご用命も承っておりますので、その節はご検討頂ければ幸いです。
皆様のアクセスを心よりお待ち申し上げます。
尚、ホームページの検索は、グーグル、ヤフー等の検索窓(画面)に、漢字で、
短歌俳句川柳堂
と入力いただくと簡単です。
http://www6.ocn.ne.jp/~tanka/
〒195−0062
東京都町田市大蔵町147−10
電話 042−707−7223
FAX 050−3452−7627
メール k-s-suzuki@miracle.ocn.ne.jp
Comment by 短歌俳句川柳堂 @ 2007/11/04 12:16 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ