<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ブログ句会(第四回)選句と評のまとめ | main | ブログ句会の予告。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ブログ投句への感想交流

写真は狛犬さんから寄せられた「紅白彼岸花」です。他の方も、ブログに使える写真(花か虫)がありましたら、メール添付でお寄せください。採否の判断はお任せください。

※<この写真に、次のコメントがありました。>
 狛犬さんへ
私は泰二さんと同じ「ぬかご」の同人です。このブログをいつも拝見していますが、今回の曼珠紗華の写真があまりに美しく、気に入りましたので、パソコンの壁紙としてコピーさせていただきました。事後のお願いになりましたがお許しください。(A.Y.)

<感想の交流>
ブログ句会の出句者で、アドレスが分っている方には、その方の出句への感想メールを差し上げています。今回はそのメールに、さらに感想の返信をくださった方お二人との交信を、紹介します。
※<泰二→狛犬さん>
ブログ句会の貴句についての感想です。
A「ドングリを焼いて食わせる峠茶屋」(狛犬)
B「卑猥なり破芭蕉の花葉陰より」(〃)
C「身もだえし何が苦労のアロエかな」(〃)
A、この句、狙いは悪くありませんが、難しい題材なので、技術的な困難があります。
このままでは、焼き団栗をかじりながら山中だよなぁと感じている気持ちが、読者には届かず、「珍しく焼き団栗を食わせる峠茶屋がありました」という報告としか受け取られないでしょう。
B、この句で言いたいのは「卑猥なり」ですから。それを言ったら万事お仕舞です。
これを読者に感じてもらうにはどうすればいいか、その工夫が大切です。
C、この句でも「何が苦労」が言いたいことです。だから、それを言わずに、読者に「このアロエは、何だかくるしそうだなぁ」と思ってもらえるように、情景を作ってゆく工夫をしてください。「アロエが身もだえしている」という把握は良い方向だと思います。

※<狛犬さん→泰二>
Aのドングリの句、実際に詠んだのは真夏で、御嶽山に昇ったところ「夏ばてに効きます」ということで焼きドングリが売られていたのでした。この句の真意は、まさに泰二さんが言われた「珍しく焼き団栗を食わせる峠茶屋がありました」という報告です。それ以外に読者に感じてもらいたい事があるといえば、真夏の登山で峠についたときの疲れと、ホッとした気分ですが、「ドングリ」という季語が邪魔をしてそう言う感覚を伝えるのはなかなか難しいです。まさに技術的に難しい題材であることがよく分かります。
Bの芭蕉の句については泰二さんのお言葉の通りでしょう。しかし、言外にほのめかすのは、今の私には難しすぎる高度な技術と思います。
C、アロエは勝手に身をよじっているだけで本当に苦しがっている訳ではないでしょう。私の伝えたかったのは、実際には苦しがってもいないアロエが苦しんでいるように感じてしまった自分の心の中を伝えたかったわけで、これは自分では結構ほのめかしたつもりで悦に入っていたのですが。
アロエについては別に句を作りました。どちらを出すか、苦慮しましたが、「何が苦労の…」という言い回しが常套的ですが、なにかシニカルな感じが自分でも気に入って結局のこの句を出すことにしました。蛇足ですが、その別の句を上げておきます。
●「絡まりて自ら棘刺すアロエかな」

※<泰二→狛犬さん>
貴メール、俳句に正面から、がっぷり取り組んで力戦奮闘している様子がよく分ります。
少し手助けをしましょう。
Aの団栗の句は、一番言いたいこと=「焼き団栗の効能と、登頂の苦しさの組み合わせ」だけに絞って、あとは捨てるとまとまるでしょう。
例えば「焼き団栗食って胸突き八丁へ」
Cのアロエの句では「何が苦労の」と言った途端に、仄めかしでは無くなってしまうので、ここが我慢のしどころだと思います。
「絡まりて自ら棘刺すアロエかな」この句の方が、見た通りを詠んでいるので、自分の思い込みを押し付けなくて済みます。しかし「絡まりて」は原因の説明です。これが理屈になっています。これを捨てれば「自らを棘刺してゐるアロエかな」で、すっきりすると思います。
それにしても、君のメールにはいつも俳句の基本問題を突きつけられます。真正面からぶつかっているからでしょう。これからも、どんどん、意見を寄せてください。

※<泰二→句猫さん>
A「踏みしめるリハビリの足葛の花」(句猫)
B「綱渡り南瓜色付くカラの車庫」(〃)
C「空の下金柑ひとつ坂の途中」(〃)
Aの句は一点しか入りませんでしたが、句はもっと上だと思います。地味なテーマなので、こういう句会では損をしています。句の形としては、定石に添って、まとまっています。しかし、内容も地味なので、動きのある形にした方がいいでしょう。
「リハビリの足踏みしめて」と、動詞を活かす形です。季語も、もう少し明るいものではどうでしょう?そうすると、歯を食いしばっての頑張りだけでなく、希望を持っての積極的なリハビリの表現になります。
 
Bは意味が分りにくい句です。私の想像では、空の車庫に南瓜の蔓が入り込んで、反対側まで届き、途中に南瓜が生ってぶらさがっている、という情景じゃないでしょうか?
 俳句では、一番面白いと思ったところ一つ以外は、なるべく言わない方がいいのです。この句では「色付く」は無い方がいいでしょう。その4字分を「南瓜の綱渡り」の描写にまわすと、もう少し分り易い句になるでしょう。「カラ」はやはり漢字を当てた方が分り易いです。「空」で分り難ければ「空ら」としてもいいのです。

Cの句の写生の姿勢は悪くありません。ただ、全部言い過ぎて焦点がぼけてしまいました。中心は「金柑ひとつ」でしょうから「坂の途中」は捨ててしまいなさい。
 こうしてみると、「句の中心に集中した詠み方を」というのが君の句への注文ということになるのでしょう。
 言い換えれば、「余分なものを捨てる努力を」ということになります。

※<句猫さん→泰二>
余計なものを捨てるんですね〜
対象を追求し切れてないせいでしょうか、五・七・五が余ることがあります。その余りを埋める言葉が焦点をぼかしてしまうのかも知れません。
ともかく、捨てる努力をしてみます。

Aの「葛の花」は、足元に集中して歩いていて、実際に葛の花の甘い香りがしたので、外せなかったんです。その時の気分は出ていると思います。
明るい句にしたかったら、季語を替えればいいのですね。
動詞の遣い方で、印象が変わり、それだけで、軽やかさが出ることに驚きました。

ところで、葛の花は冴えないけど、甘い香りが私には印象的なのですが、一般的にはどういう感じで見られているのですか?

Bの南瓜の句は、やっぱりなぁでした。実際は、その家の人が車をどこかに移動して車庫をカラにし、綱を張って南瓜を伸び伸び這わせているのです。
勝手に蔓が入り込んできて…と思うのが、普通なので、「這う」という言葉は使わない方がいいな等、グダグダ考えたのですが、やっぱり無理でしたね。
「南瓜のために!!で、車をどこにやったの?!」と笑えたのですが、それを伝えるのは難しいですね。

Cの金柑の句は、小さな金柑の実が、行き先知れずにどこかに向かってるのが、なんか孤独な感じがして、大小の対比と寂しさをうまく出せないかな〜と思ったのでした。

※<泰二のコメント>
句猫さんのメールにお応えします。
A、「葛の花」のイメージについてのご質問ですが、こういう時は、歳時記の例句を読むといいのです。(出来れば数種類の)。私の手持ちのでは、
「葛の花くらく死にたく死にがたく・渡辺白泉」
「白昼の闇したがへて葛咲けり・松村蒼石」
など、暗いイメージのものが多いです。匂いの句は少なく、一冊に一句あるかないか、です。
「葛の花のにほひの風を過ぎて知る・篠原梵」
葛の花に元気付けられたことを読みたかったら、「リハビリの歩行に葛の花かをる」とか、工夫が必要でしょう。

B、句猫さんの返信を読んでいるうちに、疑問が湧きました。「日差しのない車庫の中に南瓜が実るか?」。もしかすると、駐車場と呼ぶほうがいい場所なのでは?

C、金柑の孤独を詠みたいなら、「金柑の一粒空に囲まれて」とか「空に囲まれ金柑のただ一顆」など、とにかく、必要な要素だけの組み合わせで試してみてください。

taiji-m * ブログ句会 * 18:00 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:00 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ