<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 禍転じて福となす。 | main | ブログ句会(第四回)出題 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

季語の本意



 写真は「クサカゲロウ」。この卵が「優曇華」です。
 幼虫が「蟻地獄」なのは「ウスバカゲロウ」。親類ですが、別のものです。




 ☆予告☆
 次回のブログ句会は9月1日、出題です。
 お楽しみにお待ちください。

<「残暑」は「暑し」ではない。>
 この前お話した「ぬかご」のメール句会、9回目をやりました。題は「残暑」「新酒」「桃」。どれも難しい題でしたが、ここでは話を「残暑」に絞ります。
「残暑」あるいは「秋暑」は、「暑さ」と重なりがあります。ことに今年のように、立秋過ぎて暑さが厳しいと「酷暑」のイメージさえあります。しかし、季語としての「残暑」「秋暑」は「暑さ」「酷暑」とは別の情感があるはずです。
次の句は、出句46句の中の一部ですが、この中に「残暑」・「秋暑」を「暑さ」「酷暑」とごっちゃにしている句がないでしょうか?
A秋暑し日の斑の遊ぶ男坂
B秋暑し売り出しの旗垂れしまま
C秋暑し厨に残る酢の匂ひ 
D夫と居る昼の静けさ秋暑し
E秋暑し観音巡る九十九折り
Fすりきれしブックカバーや秋暑し
G鉛筆の芯折れ易き残暑かな
H狂ひ咲く八重山吹の秋暑かな
I飼猫のじっと目を閉づ残暑かな
「暑さ」・「酷暑」と置き換えても成り立つ、あるいは、その方が句が活きる、それだったら、「残暑」の題詠としては??ですね。
季語の本意を掴むこと、本意を活かして作句すること、心掛けたいものです。
taiji-m * 季語について * 21:32 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:32 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ