<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< リンク! | main | 有名な俳句 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

季語は必要か?

クロッカス上の写真の句の季語は「ものの芽」 (春)です。
 前回、精一さんから、「季語は必要か」という問いがありました。そのことを説明したいと思います。
 多くの結社(俳句の方では、グループを「結社」と呼びます。)は、理屈抜きに、約束事として季語を入れると決めています。「古臭い!」と嫌われそうな側面です。
 しかし、これには、千年を越える積み重ねの知恵があるのです。試しに、季語なしで、俳句を詠んでみてください。力も深みもある句を作るのは、かなり難儀です。大岡信さんの「百人百句」でも、取り上げられている無季の作者は百人中六人に過ぎません。
 特別な感性や才能を持っている人は別にして、季語を使った方が良い句が出来易いと言えるでしょう。
 季語には、芭蕉からでも三百年の積み重ねがあります。例えば「春の夜」には、芭蕉・蕪村・子規・虚子・・・が詠んだ「春の夜」の句のイメージが沈殿しています。貴方が「春の夜」と詠んだ途端、
三百年も積み重ねられてきたイメージが生き返るのです。これを使わない手はないと思います。歳時記でも、多くの例句を並べ、このイメージの積み重ねの一端を示そうとしています。

←(今朝・2月28日のクロッカスの芽)

投稿は、ここの「comments」でなく、最新の記事(ブログの最初にある記事)の「comments」にお願いします。 
taiji-m * 季語について * 11:23 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:23 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ