<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 第六回合同ブログ句会・出句集 | main | 第七回合同ブログ句会・出題 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

第六回合同ブログ句会・選句と評

薄緑のグラジオラス
 写真は、庭の「薄緑色のグラジオラス」。最近はこんな色のも出ているのですね。

<第六回合同ブログ句会・選句と評>
 選は☆で示しました。△は佳作、▽は意見、?は疑問、※は仮名の誤りです。
<>は作者、( )は評者です。
 ※今回の句会作品、選、評について、感想・質問などお寄せください。

<選句と評>
<♭>
1我が生に吹き出る汗に夏涼し
2夕端居届かぬ報せ想ふ空
3向日葵に笑はる命刻みゆく
☆3、陽気な印象が強いのに、この表現は見事だと思った。(知足)
☆3、エネルギッシュな向日葵との取り合わせ。さらりと詠んで、余情が深い。(梓)

<小波>
4端居せし昭和の母の子守唄
5向日葵にかつがれ捨てし一日かな
6切り下げて影も涼しきうなゐ髪
△4、子守唄ではなく、昭和の歌謡曲ならいただきたかった。(青子)
?5、意味がよくわかりませんでした。(うらら)

<八目>
7仲見世に裏道のある涼しさよ
8しばらくはあの世と遊ぶ夕端居
9向日葵の車窓の我を送るごと
☆7、表の喧騒と裏道の対比がいい、ほっとした涼しさ。(友遊)
☆7、明と暗の対比に涼しさを感じとった意味の深い作品。(若葉)
☆7、江戸の風情の仲見世の賑やかさ。裏道の涼しさを想像させる句。(柊)
☆7、仲見世の混雑から一歩裏道に入った涼しさは格別。実感。(里穂)
☆7、巧い!あの裏道の独特の雰囲気が出ている。(うーむ)
☆7、表通りとは打って変わって違うほっとする涼しさがある。(紙風船)
☆7、いい発見。「涼しさ」の一語で情景が見える。(うらら)
☆7、仲見世の雑踏から抜け出た涼しさ。(梓)
☆8、たそがれ時、亡き人と親しく語れそうな気がする。(狛犬)
☆8、夕間(魔)暮れにあの世と交信ですね。(句猫)
☆8、あの世が遠くはない齢。あの世には知る人も多い。(泰二)
△8、(うらら)
☆9、向日葵が太陽、車窓の我が宇宙の一齣、に感じられ魅かれた。(里穂)

<白い鴉>
10朝涼の白樺林歩きけり    
11父恋し母なほ恋し夕端居
12向日葵の迷路の中に一詩人
☆10、避暑地でのことか,朝涼が効いている。少し生。(八目)
☆10、作者も句も健康な感じが伝わる。(鴉の子)
☆10、高原の朝の涼しさ。(梓)
☆11、親の齢に近づくと父母を恋う気持ちが増す。やや甘い感じ。(友遊)
☆11、2回出てくる「恋し」で真意が強調されている。(知足)
☆12、感覚的に共鳴。季語が動かない。(小波)
△12、句帳持ってぶつぶついっている作者を想像してしまう。(青子)

<友遊>
13大鳥居くぐりて涼し風賜ふ
14向日葵や動くものなき昼下がり
15向日葵の大声あぐる合唱団
☆13、神社には大概いつも涼風が吹いているものである。(狛犬)
☆14、しんとした昼下がりの気だるさ。(八目)
☆14、暑い夏の昼下がり、向日葵が一層暑さを感じさせる。(狛犬)
☆14、盛夏の静止したかの如き情景を鮮やかに切り取った。(♭)
☆14、雄大な炎天下の景が思い浮びます。(白い鴉)
☆14、向日葵だけが勢い或る炎天下の感じに魅かれた。(里穂)
☆14、少しけだるい昼下がりをうまく捉えている。(紙風船)
☆14、風の無い昼の暑さの向日葵がよい(杏)
△14、大群の向日葵。照りつける太陽。言わないで見えてくる。(泰二)
☆15、向日葵らしさをよく捉えている感覚がよい。集団的向日葵と思う。(柊)
☆15、この向日葵にはオペラが似合うのだろうか。(知足)

<杏>
16駅弁と膝に地元紙旅涼風
17靴下に五本の指や朝涼し
18形見着てますます父似夕端居
▽16、「駅弁」と「地元紙」で旅先だと判る。「旅」はいらないのでは?(友遊)
☆17、朝涼の時に履く靴下。気持ちのよさが中七で表現されている。(柊)
☆17、発想が面白い。(紙風船)
☆17、指を包む靴下の清涼感。やがて足も靴下も疲れてくるのですが。(うらら)
☆17、面白い題材の発見。捉われない発想。「朝」は無くても・・。(泰二)
☆18、亡き人に似るせつなさと喜びが感じられる。(青子)
△18、亡夫の面影を着物姿の息子に見る。夕端居と合っている。(柊)
△18、(鴉の子)

<鴉の子>
19貸農園向日葵二本かがやけり
20端居して野球放送聴きゐたり
21「ちい散歩」言問橋の風涼し
☆20、ゆったりと寛いでいる様がよいと思った。(季彩)
☆20、端居とはこう言うこと。上手い。(紙風船)
△20、ゆったりした気儘な気分が出ている。(泰二)

<泰二>
22涼しさや跳ね橋船を通したる
23懐に通ふ風ある端居かな
24向日葵の無言の並ぶ月明り
☆22、取り合わせが素敵です、(友遊)
☆22、橋のたもとから納涼舟を眺め川風に涼んでいる景か。(白い鴉)
☆22、跳ね橋が効果的。水の香と風を感じる。(うーむ)
☆22、跳ね橋を通る船、水尾の涼しさが見えます。(杏)
△22、(うらら)
☆23、端居の原風景が見え肩の凝らない句。(小波)
☆23、懐に通う風のある端居。情景やら服装などが想像できる。(若葉)
☆23、端居の気分が何気ない表現でよく捉えられている。(うらら)
☆23、浴衣着でしょうか端居のゆったりした気分が良い(杏)
☆24、今にも何か起こりそうな幻想的な世界のひとこま。(♭)
△24、(うらら)

<若葉>
25朝涼し難なく越ゆる万歩計
26ようやくに自分の時間夕端居
27向日葵の黄の明るさの迷路かな
☆25、正しく実感です。涼しいと距離も伸びる。(季彩)
▽25、「万歩計」を「一万歩」にしてはどうでしょうか。(うらら)
※26、「ようやく」→「やうやく」(小波)
☆26、昼の忙しさから開放されて・・。(八目)
☆26、一日の終わりの満足と安らぎを感じた。(青子)
☆26、一日の仕事も済んで、何をしようかな・・・(季彩)
☆26、忙しかった主婦の一日のしめくくり。(鴉の子)

<狛犬>
28クーラーの冷気に倦みて端居かな
29嵐去り枯れ向日葵の大往生
30居酒屋の涼風送らぬ扇風機
☆28、いまどき「端居」と言えばもうこれが実感かも。逆転。(♭)
☆29、独り逝きて、なお誇り高き向日葵の立ち姿よ。(♭)
△29、枯れ向日葵は確かに無残、大往生はオーバーかな?(季彩)

<季彩>
31向日葵や全身をもて嬰の欠伸
32朝涼し散歩の距離を延ばしをり
33富士山を真向ひにして夕端居
☆31、暑さに負けない生命力を感じる。(若葉)
☆31、中七の表現がいい。季語との取り合わせもぴたり。(うらら)
△31、何故か引かれる句です。(白い鴉)
△31、よい句と思う。ただし季語とあかちゃんの力強さが合い過ぎでは?(柊)
☆33、気分いいでしょうね。贅沢な光景。(小波)
☆33、雄大な富士と向かい合っているゆったりとした情景がよい。(青子)

<土曜日>
34涼しさや御堂に古き救世菩薩
35バッハ聴く今の仕合せ夕端居
36向日葵や真向勝負日馬富士

<青子>
37旅の宿端居して聞く山の風
38指涼し菩薩仰ぎし中宮寺
39向日葵や皆既月食くるといふ
▽38、「指涼し」は良い。中七下五が説明的。「まみえたる弥勒菩薩の指涼し」では?(うら
ら)

<うらら>
40川波に映る街の灯風涼し
41含む茶の甘露のごとき端居かな
42向日葵やがんばらなくともいいのでは
☆40、隅田川辺りの景がうかぶ。(鴉の子)
△40、自然詠では、この句がすつきりしていてよいと思った。(柊)
☆41、いい夕涼みでしたね。(句猫)
☆42、特選。強い日差しを当然と受けて咲くそんな自然体の私でありたい。(鴉の子)
☆42、本当にそう思う。季語「向日葵」が合っている。(若葉)
☆42、中七下五のくだけた口語調。格調は無いが、内容と良く合っている。(泰二)

<梓>
43夕端居麓の村に灯のともり
44向日葵や子どものをらぬ家ばかり
45奥宮へ巌くぐりゆく涼しさよ
☆43、山の上の一軒家などを想像。夕暮の時間の経過が良く出ている。(白い鴉)
☆44、日本の深刻な現実。向日葵の明るさが皮肉。(小波)
☆44、14と同じ趣向だが、別のしんとした感じ。(八目)
☆44、一昔前は沢山の子供が向日葵の下で騒ぎ回っていたのに。(狛犬)
☆44、真昼のうなだれ気味の向日葵か。コントラストが皮肉。(うーむ)
☆44、田舎の風景でしょうか静かな村に向日葵が笑顔のようです。(杏)
☆45、季語「涼し」の本意を掴んでいる。崇敬の気持も出ている。(泰二)

<柊>
46夕涼の刻を惜しみて別れけり
47端居して耳遠かりし母のこと
48整列をさせられてゐる向日葵よ
☆48、確かに整列してます。させられてゐるが面白い。(季彩)

<知足>
49病知り回る青春夕端居
50向日葵や上から目線天担ぎ
51画面上一件落着風涼し

<うーむ>
52父母の星をさがせり夜涼かな
53向日葵を胸いっぱいに老女笑む
54大切な話たずさへ夕端居
☆54、表現はやや硬いがよくわかる句。どう切り出したらよいかとの迷い。(梓)

<紙風船>
55店番の猫に加はり夕端居
56塗りたての白き出窓や風涼し
57向日葵の一斉に我見てゐたり
☆55、ユーモアのある楽しい句。(柊)
☆55、猫に混ぜてもらって、心も和みますね。(句猫)
☆55、猫の主人顔が良い。「に加はり」は露骨。「と並びて」か。(泰二)
☆56、さりげない日常の情景を素直に表現している。(知足)

<里穂>
58涼しさや小さき谷を沢登り
59隣人の縁の薄く夕端居
60ひまわりや白寿の母の笑ひ声
☆59、最近は夕端居など死語になりました。寂しいですね。(友遊)
※60、「ひまわり」→「ひまはり」(小波)
☆60、下5で幸せな家庭生活を見るようです。(白い鴉)
☆60、高齢の母親の元気さ明るさ、取り巻く人の喜びが感じられる。(青子)
☆60、いつまでも、お元気で。(句猫)
☆60、53より、視覚・聴覚に訴える分強いか。(うーむ)

<句猫>
61屋根の上豆腐屋の笛端居かな
62葉の間向日葵一花覗き居る

taiji-m * ブログ句会 * 11:48 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:48 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ