<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 第五回合同ブログ句会・出句集 | main | 第六回合同ブログ句会・出題 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

第五回合同ブログ句会・選句と評


 写真は今回も「八重の紫陽花」。同じく狛犬さんの御提供です。(狛犬さんは八重の花がお好きなんでしょうか)。前二回のどちらとも異なる花のようです。

<第五回合同ブログ句会・選句と評>
  選は☆で示しました。△は佳作、▽は意見、?は疑問です。
<>は作者、( )は評者です。
 ※今回の句会作品、選、評について、感想・質問などお寄せください。

<選句と評>
<句猫>
1まくら元手花火置いて眠り居る
2アーケード隙間の空の梅入りかな
☆2、何処にいてもアンテナを張りめぐらし句作出きることに敬服。(鴉の子)
☆2、「隙間」「梅雨入」で不景気な感じが出せている。(泰二)
☆2、街中でも自然を感じ取る感性に好感を持つ。(うーむ)
▽1、「まくら元」→「まくら辺に」ではいかが?(小波)
?2、梅入り→入梅(ついり)のことですか。(小波)

<八目>
3大正の女は強し梅雨に入る
4手花火や縁側に父母ありし日の
5蚊を打ちてわりなき仲になりにけり
☆4、死をまたぐ長い歳月を、込められた想いを、縁側がじっとつなぐ。(♭)
☆5、小島 功の漫画のシーンの一こまのよう。(友遊)
☆5、どぎつい感じだが眠気が覚める。i音が多い。仲にを仲とにしては。(小波)
☆5、「わりなき」で頂戴しました。(土曜日)

<泰二>
6庭先に餌を乞ふ雀梅雨の入
7ホスピスの窓の線香花火かな
8蚊柱や取りはづされし鯨幕
☆7、かぼそいいのちを思います。(土曜日)
☆7、線香花火がとても切ない。(梓)
☆8、山寺の景か。蚊柱と鯨幕の取り合わせが絶妙。(白い鴉)
☆8、寂寥感と安堵感が良くあらわされていると思います。(友遊)
☆8、はずされた鯨幕の後の蚊柱。お葬式のあとの虚しさが増す。(柊)
☆8、取り合わせが絶妙、無常感が漂う。(梓)

<小波>
9足もとに蚊の居るけはひ気は漫ろ
10吾ばかり鼠花火の追ひ廻す
11土の香や手花火の友今いづこ
☆9、良く解る情景、気は漫ろで決まりですね。(季彩)
☆10、鼠花火が恐かった想い出、まさに実感。(梓)

<狛犬>
12手花火の火は消え匂いのみ残り
13血を吸いて膨れし蚊の腹潰しけり
14入梅や甘みの足りぬメロン喰い
△12、捉えどころは良い。「火は消え」はない方がすっきりするのでは?(青子)
☆14、何だかクスッと笑える句ですね。(季彩)
☆14、期待はづれの味も天候の故か 一寸ペーソスも感じさせられる。(鴉の子)
△14、「食い」まで要るかどうか、因果関係が少しいやだが。(八目)

<白い鴉>
15入梅や居酒屋いつも準備中    
16シュルシュルと鼠花火の照らす闇  
17まくりたる腕の血を吸ふ藪蚊かな
☆15、入梅や交番いつも巡回中としたいところ。(狛犬)
☆15、入梅となつたが、準備中の居酒屋。長い梅雨もきつと準備中。(柊)
☆15、湿りっぱなしです。(土曜日)
△15、(紙風船)
☆16、闇のなかで鼠花火の音と光りが鮮明。(若葉)

<♭>
18入梅に寒さ感ぜずこの地球(ほし)よ
19夏悔やみ線香花火堕ちにけり
20蚊を潰す汚れしその掌(て)四十六
<紙風船>
21干し物の風に絡みて梅雨に入る
22宿坊までついて来たりし藪蚊かな
23憂鬱の弾けて鼠花火かな
☆21、干し物の纏い付くような感じが梅雨入りを感じさせる。(狛犬)
☆21、このような技巧性は作句力を高める。うまい句。(小波)
☆21、湿った風に絡む干し物の重い感じが取れている。(杏)
☆22、汗をかきながら山道を歩く!何度か経験をしました。(白い鴉)
☆22、蚊の句ではこれが素直か?(八目)
☆23、対処方法ではこれが一番(八目)
☆23、気まぐれな鼠花火を憂鬱の弾けた様子と捉えた点敬服。小気味よい。(うらら)

<柊>
24新しき俎かろきついりかな
25闇濃かりしころの線香花火かな
26耳もとの蚊の声たたきそこなへり
☆24、「かろき」に清潔な台所が見える。「新しき」が少し邪魔。(小波)
☆24、新調した俎とついりの重さの比較が面白い。(紙風船)
☆25、私自身この句の時代に育っているので大へん懐かしく拝見。(鴉の子)
☆25、「闇濃かりしころ」に郷愁。(梓)
☆25、「闇濃かりしころ」の花火が懐かしい。(青子)
☆25、何とも、いえぬ郷愁をかんじる。線香花火だからこそ。(うらら)
☆26、煩い蚊を叩き損なった無念さが眼に見えるようだ。(狛犬)
△26、9番と迷いましたが、蚊の声?羽音ですよね。(季彩)

<杏>
27梅雨に入る何処へも行けぬ靴磨く
28手花火の消えて大きな闇となる
29隣室も海眺めゐるついりかな
☆27、行けないのは己の体か心かはたまた物か。徒に磨かれて輝く靴よ。(♭)
☆27、晴れたら出かけるぞ、と意気込みが伝わってくる。(紙風船)
☆28、消えて大きな闇となるの 前の賑やかな情景が浮かぶ。(若葉)
△28、大きくとらえられている。(うらら)
☆29、宿の窓から見える海、所在無さと静かなひと時、隣の気配も。(友遊)
☆29、せっかく泳ぎに来たのに(八目)
☆29、海辺の旅館の一室だろうか。(青子)
☆29、ついりの気分が捉えられ、ついりだなあという気分が瀰漫している。(うらら)
△29、たっぷり時間のある旅先、海自体は表現しないのに情景が浮かぶ。(うーむ)

<季彩>
30稜線に鉄塔傾ぐ走り梅雨
31耳塞ぎねずみ花火の行方かな
32薮蚊とてエレベーターに乗って来し
△30、「傾ぐ」と「走る」では完全に着き過ぎ。「梅雨の入り」なら可。(泰二)
☆32、場所によりこんな景もあるかも。(白い鴉)
△32、取り合わせが面白いが、てにをはの使い方になめらかさが欲しい。(柊)
△32、高層階にもなぜかいる蚊。情景を想像しクスリ。(うーむ)

<鴉の子>
33湿布薬いやに冷たき梅雨入かな
34蚊を打つは合掌に似ると思ひけり
35手花火やよせ合ふ額ほの明かし
?33、「梅雨入り」→「入梅(ついり)」の誤記でしょうか。(小波)
☆33、あんまりやりたくは無いが。(八目)
☆35、暗い闇の中花火を見る顔だけが浮き上がって見える様子が…。(狛犬)
△35、花火だから「明かし」は不要。「〜に寄せ合つてゐる額かな」。(泰二)

<若葉>
36十の目を離さぬ鼠花火かな
37ざんざん降りに東京の梅雨入りかな
38水やりて花鉢の蚊を騒がしぬ
☆36、正直、上五の「を」は気になりましたが。(友遊)
☆36、十の目に驚きました、鼠花火の行方に目の様子が出ている。(杏)
△36、「〜を離さぬ」→「〜の離れぬ」と自動詞型にしては?(泰二)
?37、「梅雨入り」→「入梅(ついり)」の誤記でしょうか。(小波)

<うらら>
39魚に振る塩粒立ちて梅雨に入る
40手花火や子の神妙な顔照らす
41蚊を打つて満座の句会ひびきけり
△39、目の付け所が良い。「粒立つ」の理屈めくのが欠点。(泰二)
☆40、手花火の不思議さを見つめている子。神妙な顔でよい句になつた。(柊)
☆40、恐るおそる花火の弾けに真剣な様子に好感。(杏)
△40、火をつける前の緊張感のほうが。(八目)
☆41、思いがけなく大きく響いていたたまれない気持ちに同感。(青子)
△41、(紙風船)

<青子>
42布令太鼓響き失ひついりかな
43梅雨に入る舟板塀の湊町
44頬の蚊をうちとる力加減かな
☆43、形が整っていて景が見えてとても良いと思う。(紙風船)
△43、描写が良い。「舟板」と「湊」は着き過ぎ。(泰二)
☆44、蚊とて生き物!仏心が窺えます。(白い鴉)
☆44、解りますねー。子供だと泣かれてしまいますものね。(季彩)
☆44、誰もが共感できるおかしみが好きだ。(うーむ)

<うーむ>
45蚊を逃がし特攻隊員出撃す
46天井の龍の目黒し梅雨に入る
47母に手を添えて線香花火咲く
☆46、入梅で竜の目が黒く深まった。下五は梅雨の入では?(柊)
☆46、上五中七と季語との取り合わせが新鮮だ。(泰二)
△46、(紙風船)
△47、老いた母への心遣いが良く出ている。動詞は少なく「〜かな」か。(泰二)

<土曜日>
48人を待つ閨に焚く香梅雨に入る
49手花火の瞳の奥の未来かな
50蚊のごとき男の一生ピアノ弾く
☆48、梅雨のように湿って生暖かいことでも思い巡らす香る夜か。(♭)
☆48、梅雨入りで、よりなまめかしく。しかし平安文学か。(青子)
☆49、きらきらした子の瞳。いっぱい未来がひらけてる。(季彩)
☆49、線香花火に見入る幼子の純粋な眼差しが未来への期待となった。(鴉の子)
☆49、子供のひた向きさとそこに可能性を信じる親心がよく出ている。(泰二)
☆50、まあ何と健気なこと。「ピアノ弾く」でこの句が生きた。(紙風船)
△50、断然おもしろい。「ピアノ弾く」は自嘲か。(うらら)

<友遊>
51手花火や隣にそつと座りゐし
52窓のある封書とどきて梅雨に入る
53ドクターの話を聞く日梅雨に入る
☆51、息を呑み見つめていた「隣」の距離感や如何に。(♭)
☆51、よかったねえ。(土曜日)
☆51、大人の花火だろうか。言葉がなくとも、心の距離は近い。(うーむ)
☆52、「人生も自然も時の流れの中に」を実感。特選。(小波)
△52、「窓のある封書」。面白い題材。不確定なのが弱点。(泰二)
☆53、心象的な句 検診の結果を聞く日の不安感を感じさせる。(若葉)

<里穂>
54梅雨に入るとりごゑ低くくぐもりて
55術のなき線香花火の終の玉
56蚊柱や背戸の小藪を抜ける径
☆54、自然体で素直な詩、品位も高い。(うーむ)
☆55、線香花火の持つ宿命を感じさせられる。(若葉)

<梓>
57梅雨兆す箱階段の軋み癖
58ユニホーム部屋に吊して梅雨入かな
59基地の灯の等間隔に梅雨入かな
△57、整った巧みな句。いただくかと迷いました。手慣れを感じました。(うらら)
☆59、米国の無機的な合理性と混沌を包む梅雨との対比が絶妙。傑作。(泰二)
☆59、無機質的な基地の表情とついりの季節感との取り合わせが斬新。(うらら)
△59、基地も鬱陶しいが、なければ国も保てない。荒涼感も好み。(うーむ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ※<小波さんから>
 「ついり」の漢字の表記は、「入梅」ではないでしょうか。
 出句の中に「梅雨入り」を当てている例がありましたが、これだと「つゆいり」と読むことになるとおもいます。(小波)
 <世話人から>
 私の持っている歳時記の一つに「『ついり』は『入梅』『梅雨入』の漢字があてはめられる」とあり、例句にも「梅雨入」で「ついり」と読むとぴったりな例が3句ほどありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※<句猫さんから>
 「梅雨入り」と「梅雨」の微妙な違いがピンときません。梅雨入りしたての頃によくある事象って何かな?と考えても思い付かないんですよね。
 手花火は、火がすぐ落ちてもののあわれを感じさせることは、よくあるので他のイメージはないかと考えましたが、今一つでした。
 出題の言葉の意味深さを感じつつ、そんなこんなで、何を基準に選句したらいいのか分からなくなり。今回は、選句をおサボりします。(句猫)
<世話人から>
 良く悩んでくれました。出題者には、そこまで考えてほしいという願いがありました。
 解決の方法は句の「梅雨入」のところを「梅雨最中」「梅雨深し」と置き換えてみること。その方がぴったりなら、その句は「梅雨入り」としては失敗作です。
 「手花火」の方は句猫さんと同様な考えから、当然の予想から離れた情景を模索した出句もありました。それらは参考になると思います。
 

taiji-m * ブログ句会 * 15:03 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 15:03 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ